底辺職業ランキング一覧!就活の教科書に批判殺到で記事削除

底辺職業ランキング トレンド
底辺職業ランキング

新卒向け就職情報サイト「就活の教科書」が公開した「【底辺職とは?】底辺の仕事ランキング一覧」に批判が殺到しています。

ツイッターなどのSNSでの批判を受け、運営会社はすでに記事を削除しています。

SNSで批判がわきおこった「底辺の仕事ランキング一覧」、どんな仕事だったか気になりませんか?

そこで今回は、すでに削除されて見れなくなった「底辺の仕事ランキング一覧」をご紹介します。

また、この記事を執筆・公開した「就活の教科書」を運営している会社と批判の内容もご説明いたします。

底辺職業ランキング一覧

底辺職業ランキング一覧は、2021年5月までに公開されています。

この記事で紹介された底辺職業ランキング一覧は以下のとおりです。

  1. 土木・建設作業員
  2. 警備スタッフ
  3. 工場作業員
  4. 倉庫作業員
  5. コンビニ店員
  6. 清掃スタッフ
  7. トラック運転手
  8. ゴミ収集スタッフ
  9. 飲食店スタッフ
  10. 介護士
  11. 保育士
  12. コールセンタースタッフ

問題となった記事では、これら12の仕事が3つの特徴と理由で底辺の職業と指摘されました。

底辺職業ランキングの特徴3選

  1. 肉体労働である
  2. 誰でもできる仕事である
  3. 同じことの繰り返しであることが多い

運営会社の社員は明らかに、これらの仕事をやった経験が無いのが丸わかりです。

肉体労働であることは否定しません。

しかし世の中に、肉体労働では無い仕事が存在するのでしょうか?

事務職でも多かれ少なかれ、肉体を使って仕事をします。

この記事を書いた「就活の教科書」の社員は、一度も重い物を持った経験が無いのでしょうか?

さらに「誰でもできる仕事である」には、開いた口が塞がりません。

例えば、「トラック運転手」は大型の免許が必要なので、免許を持っていない人はそもそも従事できません。

運営会社が「トラックの免許を取れば誰でもできる」と反論するのならば、「弁護士だって司法試験に合格すれば誰でもできる」と言い返されたら、どうするのでしょうか?

さらに保育士は、高校を卒業した後に、専門学校や大学で保育士免許を取らないと従事できません。

これは3番の「同じことの繰り返しであることが多い」にも該当します。

介護の仕事は人相手なので、毎日同じ介護は有り得ません。

排泄介助が必要な日もあれば、不要な日もあります。

「就活の教科書」の社員は、そんなに日々仕事の内容がクルクル変わる特別な仕事をしているようです。

底辺職業ランキングの理由3選

また「就活の教科書」は、底辺職業ランキングの理由は3つあるとしています。

  1. 平均年収が低い
  2. 結婚の時に苦労する
  3. 体力を消耗する

いくら稼げば「平均年収が高い」となるのか、その線引きは不透明です。

運営会社は全社員、年収1000万円はもらっているんですよね?

「結婚の時に苦労する」ですが、見た目と家柄と給料が良ければ苦労しないし、逆ならば苦労します。

結婚の苦労は職業ではなく、当人のパーソナリティが大きく影響します。

体力を消耗する……最も体力を消耗するのは、プロスポーツ選手だと思います。

このように、就活の教科書の運営会社は適当に選んでいるので、批判を浴びました。

就活の教科書とは?

「就活の教科書」を運営しているのは、「Synergy Career」(シナジーキャリア)という会社です。

大阪にあります。

社長は、岡本恵典さんという女性の方です。

スポンサーリンク
就活の教科書1

就活の教科書1

就活の教科書2

就活の教科書2

就活の教科書3

就活の教科書3

引用:Synergy CareerのHP

「底辺の職業ランキング」の監修は、岡本社長の名前になっています。

岡本社長は大阪府立大学の大学院を卒業した頭のいい方なので、今回のことを猛省して、再発防止に努めていただけると信じています。

就活の教科書の言い分

今回の批判を受けて、就活の教科書はこのように言い分を発表しています。

底辺の職業ランキングについて

  1. 何を底辺職だと思うのかは人それぞれ
  2. 一般的に底辺職と呼ばれている仕事は社会を下から支えている仕事
  3. そのような方がいるからこそ、今の自分があるのだ

Synergy Careerの見解

Synergy Career社は、以下の見解を発表しています。

「弊社では現在、いただきましたご質問内容につきまして、今回の記事の作成者に、改めて記事の作成経緯を含め事実関係を確認し、弊社内で、今後の対応について検討中でございます」
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/afc395511b4316d52e74df6bcab947ca920ac50d?page=2

すでに記事は削除されているので、結論は「アウト」だったようです。

就活の教科書に批判殺到で記事削除

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました