グランパス「FWシュヴィルツォクが退団!?」ネットの反応は!?

名古屋グランパス サッカー
名古屋グランパス

ドーピング疑惑はそんなに面白おかしいですか?と突っ込みたくなる記事が踊りました。
ドーピング疑惑の渦中にいるグランパスのFW・シュヴィルツォクに「退団か!?山口GMは粛清を希望している!」とのネット記事が。
ネットの反応とともに、シュヴィルツォクの一件をご紹介します。
※画像はAFC様より引用させていただきました。

スポンサーリンク

シュヴィルツォク退団を海外メディアが報じる

2022年1月10日、グランパスに激震が走りました。
Football ZONE web編集部が「海外メディアがシュヴィルツォク退団を報じている」と紹介したからです。

シュヴィルツォク選手の紹介と経緯を振り返ってみましょう。

シュヴィルツォクってどんな選手?

シュヴィルツォクは29歳の元ポーランド代表です。
2021年7月20日にポーランドのGKSピアスト・グリヴィツェからグランパスへ完全移籍で名古屋へ加入しました。
昨夏の欧州選手権(EURO)にも出場したポーランド代表の実力者です。
抜群の得点センスとテクニックを武器にゴールを重ね、昨季リーグ戦14試合7得点を叩き出しました。
ドリブルは戦車のように力強く、前線でボールを失わずに運べる稀有なFWとしてグランパスに欠かせない存在となりました。

シュヴィルツォクのドーピング疑惑って?

2021年のACL(AFCチャンピオンズリーグ)でドーピング違反の物質が検出されたことが判明しました。

ただしACL側の発表が12月と試合から遠かったこともあり、この結果を訝しむ声が多いのは事実です。
当の本人は否定しています。

グランパスは別の検体(B検体)での再分析を要請しました。
その上で、結果が確定するまでの間の暫定措置としての
「シュヴィルツォク選手のサッカー関連活動を停止する」と発表しています。

本当に退団させる気なら、再分析を球団が希望するわけがありません。

山口GMが粛清を希望!?

ポーランドの複数メディアがシュヴィルツォクの去就動向を報道しています。
その中でも「futbolnews」が
「シュヴィルツォクの雇い主は、このスナイパーをもう見ていないことが判明した。ヨーロッパに戻ることなるのか?」
と退団の可能性を報じてました。

スポンサーリンク

さらに同紙は
「山口素弘ゼネラルマネジャー(GM)が粛清を望んでいる。
すでに監督と何人かの選手を処分しているが、次はヤクブ・シュヴィルツォクだ」
と指摘しています。

さらに踏み込んだ内容として、
グランパスが契約解除を望む理由については
「高額な契約」が挙げられ、
「彼(シュヴィルツォク)が最終的に名古屋グランパスを去りたいかどうかによって、多くのことが決まる」とも。

2021年の完全移籍で年棒は決まっており、今さら高額年棒だ!と騒ぐ余地は小さいでしょう。

ファミリーの反応は?

それでは気になるグランパス・ファミリーの反応をご紹介します。

>海外のマスコミが山口GMの意向を知る由もないし、ドーピングと高額契約は全くの別モノ。すさまじい憶測記事だ。

>ドーピング疑惑の無実が大前提ではあるけど、あれだけの決定力のあるクバ選手を手放すのは考えられない。
間違いなく名古屋の攻撃のキーマンだし、他の選手では替えが効かない。
現役のポーランド代表選手でもあり、年俸がある程度高くても、相応の活躍をしているわけだから問題はないと思う。

>少なくとも長谷川さんは
こういうタイプのフォワードは
大好きだと思うし、
彼を一つの中心として
攻撃を組み立てる戦術だと思うけどな。

>ドーピングがクロ判定という理由ならわかるが、高額年俸でもあれだけの結果残してるし、どう考えても攻撃の中心選手。

さすがはオリジナル10のサポーター&グランパスのファミリー同志だけあって、1記事で踊らされることはありませんね。
では最後に、私の結論をご紹介いたします。

記事の信憑性

長谷川健太監督の構想に同選手は入っており、記事の信憑性は薄いと言わざるを得ません。
本気でグランパスがシュヴィルツォクを退団させる気ならば、山﨑凌吾選手を移籍させたりしません。

グランパスのFWは7選手で、センターフィールドを任せられるのはシュヴィルツク、金崎夢生だけです。
鳥栖から移籍で補強した酒井宣福選手がMF登録なので、グランパスのフロントがシュヴィルツォクを戦力としてカウントしているのは間違いありません。

本人の意志次第では、今夏や今オフでの移籍は有り得ますが、今時点でのグランパスサイドからの放出は現実的ではない――これが真相のようです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました