グランパス2022長谷川新監督とFWシュビルツォクの薬物、山下獲得へ

サッカー

グランパスはルヴァン杯でタイトルを取ったものの、他の成績はイマイチで2021シーズンを終了しました。

すでに2022シーズンへの戦いは始まっています。

そんな中、山口GMはマッシモ・フィッカデンティ監督をクビにしました。
原因はマッシモが大金をふっかけたそうです。
同じ理由で、マッシモは鳥栖とFC東京を中途半端な形で退任しています。

相変わらずストーブリーグで話題に事欠かない我等がグランパスです。
そこで今回は、来シーズンへ向けた最新ニュースをお届けします。

森保もディスります。

スポンサーリンク

グランパスの新監督は長谷川健太

グランパスの新監督は長谷川健太です。
ちびまる子ちゃんの作者・さくらももこ先生の同級生で、漫画にもエッセイにも登場します。

長谷川監督はサッカー王国・清水市の出身です。

筑波大学を経て、日産自動車のサッカー部に入団しました。
選手時代は特にタイトルを取ることはありませんでしたが、ドーハの悲劇だけは一丁前に経験しています。
清水エスパスルに選手として移籍し、監督になりました。
下積みが無いので案の定、清水の監督時代は悲惨な成績で1年でクビになっています。

J2・ガンバ大阪の監督になると、1年で即昇格とJ2優勝を果たしました。
グランパスが風間監督でプレーオフに回ったのと正反対です。

そしてJ1に舞台を移すと、リーグ優勝・天皇杯優勝・ナビスコカップ優勝と国内初の3冠を達成します。
グランパスが風間監督を引っ張った結果、残留争いをしたのと対照的です。

さらに翌年、ACLではJリーグ勢最高のベスト4に進出しました。
リーグでは3位に入りました。
またナビスコカップは準優勝で、天皇杯では2連覇を達成しています。

グランパスの監督が2年と持たない点を比較しても、長谷川監督の有能さがうかがえます。
Jリーグ最多のタイトル数を誇っています。

2021年までは、FC東京で4年間、指揮を取ります。
リーグ優勝はありませんが、ルヴァンカップを制覇。

また、久保建英を鍛えたのは有名です。
2021年、天皇杯で順天堂大学に敗れて辞表を提出しています。
グランパスは天皇杯でジャイアントキリングされるのは慣れているので、問題ありません。

戦術は風間監督のように繋ぐスタイルではなくキッチリ守って縦へ素早く展開するスタイルなので、期待が持てます。

ネット上ではこんな声が。

>頑張って欲しいが、3冠の頃がピークだったと言われるかも知れない。

グラサポは陰キャが多いので、想定内ですが、こんな前向きな発言も。

>ハセケン肯定派と否定派いるけど、とにかく名古屋グランパスを好きなことはみんな同じだから、応援します

はい決まった以上は応援しましょう。

シュビルツォクがドーピング違反の疑い

グランパスに衝撃が走りました。

ポーランド人のFWシュビルツォクにドーピング疑いがかけられました。
それが10月17日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝・浦項戦(韓国・全州)。

え、今さら?
ネット上ではこんな声が。

スポンサーリンク

>永久追放だ
>早い段階での潔白証拠を期待します

白黒ハッキリつくまで、いかなるサッカーの行事にも参加できません。

なお本人は2021年12月11日時点で、身の潔白を主張しています。

真相究明が待たれますが、一服盛られた可能性は否定できません。
要チェックや。

鳥栖のFW山下獲得へ三つ巴

やはりストーブリーグの主役はグランパス。
その第一弾が、鳥栖のFW・山下敬大(25)へのオファーです。

1メートル84の長身を誇る山下は18年に福岡大からJ2山口へ入団しました。
J1初参戦となった今季も持ち味を発揮し、35試合出場で9ゴールをマークしています。

FC東京とジュビロ磐田も狙っているため、三つ巴の泥沼争奪戦です。

グラサポは2部降格の際、選手にフラれまくった記憶が鮮やかなので獲得できなくても落ち込みません。
来てくれたら全力応援ですが。

森保Jが吉田豊を呼ばない理由

W杯に出れるのか出られないのかハッキリしない森保Jですが。
12月のW杯候補選手には、グランパスから3人の選手が選出されました。

・稲垣 祥
・相馬 勇紀
・中谷 進之介

3選手は2021シーズンを本当に力強く戦い抜いてくれたので感謝しかありません。
特に相馬は三苫と比べられ、悔しい1年でしたので感慨深いです。

ところで今回の代表選出で、グラサポから不満が相次ぎました。

「なぜ吉田豊を選出しないのか?」

グランパスの左SBにして鉄人・吉田豊。
ルヴァン杯を制した試合では「代表間違い無し!」「MVP!」と絶賛されました。

吉田の実力不足とかコトはそう単純ではありません。

左SBとして呼ばれた選手は、FC東京の長友佑都とサンフレッチェ広島の佐々木翔です。

森保監督は「おじいちゃん」が大好きです。
年寄りフェチなので、長友が選出されたのは納得です。

では佐々木は?というと、森保は広島の監督を務めていたので「愛人枠」と言われています。

「グランパスの選手が必要だ!」と無視できないほど世論が動くよう、中谷達3選手には奮起が求められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました