ガーシー当選で不逮捕特権発動!三木谷戦慄!木原官房副長官は更迭!

ガーシー当選 トレンド
ガーシー当選

ガーシーこと東谷義和さんはNHK党から2022参院選に出馬しています。

ガーシーさんは暴露系ユーチューバーとして有名ですが、楽天の三木谷社長の暴露を始めた途端、ユーチューバーとツイッターがバン(削除)されてしまいました。

この三木谷社長への暴露で慌ててたのは、木原官房長官も同じでした。

そこで今回は選挙特番として、ガーシーが当選した際、発動される国会議員の不逮捕特権や、楽天・三木谷氏と木原官房副長官の動向について解説いたします。

スポンサーリンク

ガーシー当選


NHK党比例名簿

NHK党比例名簿

2022年の参院選挙で、ガーシーを擁立したNHK党(立花孝志党首)が20万票を確保することが確実となりました。

ガーシーはNHK党から比例代表で立候補しており、当選します。

参院選の比例代表は、地区に縛られません。

党派名による票+党派の候補者名票=各党派の獲得議席

さらに参院選比例は比例名簿の順位に関係なく、個人名を投票された順番に当選が決まります。

20万票を獲得するNHK党からは1人が当選します。

そして今回の参院選で、ガーシーこと東谷義和さんの知名度は圧倒的なため、ついに国会議員となります。

ガーシーはドバイにおり、一度も来日せずの当選と異例づくめとなりました。

「握手で一票」と言われた選挙の常識を、SNSを駆使したガーシーが破る歴史に残る選挙となるのです。

ガーシー当選で不逮捕特権発動!

ユーチューブ

ユーチューブ

ガーシーは参院選に当選すると、議員に付与される不逮捕特権のため、任期中は逮捕されません。

ガーシーは同じくユーチューバーのヒカルさんから警察に通報された過去を持ちます。

通報内容ですが、ヒカルさんは「自分の名前を勝手に使われた」というものでした。

実際にガーシーの元へ警察から問い合わせが来た際、友人のアドバイスに従ってドバイへ高飛びしたという経緯があります。

この捜査と逮捕がまだ時効になっていないため、ガーシーは帰国すると逮捕されるリスクがあります。

さらにガーシーは「BTSに会わせる」と知人女性達を騙して、約4000万円をだましとった疑いも持たれており、この件でも警察が捜査しているという噂があります。

そしてトドメはもちろん、ユーチューブで暴露された芸能人からの名誉棄損も待っているのです。

しかし国会議員になると、憲法で保障された不逮捕特権という特権を発動できます。

不逮捕特権:国会議員は原則として国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。

つまり国会議員に当選した瞬間、誰もガーシーを逮捕できなくなるため、彼は大手を振って日本に帰国できるのです。

なお、ガーシーが期間中に選挙活動を日本で行わなかったのも、逮捕が怖かったため……という見方が一般的です。

ガーシー当選に三木谷戦慄!

ガーシーと三木谷ツイッター

ガーシーと三木谷ツイッター

引用:ガジェット通信

ガーシーが当選して最も困る一人が、楽天社長の三木谷氏です。

ガーシーは三木谷氏に関する暴露を行っているからです。

詳しい内容は、次の記事をご参照ください。

ガーシー三木谷を「ウクライナ女性と乱行パーティー」ツイッター凍結

スポンサーリンク

ガーシーはバン(削除)される前のユーチューブとツイッターで三木谷氏を「ウクライナの女性とパーティを行った」と暴露しています。

しかし動画やSNSでガーシーは「M社長」とボカしたものの、三木谷氏自らが「お前はハイエナか!」とツイッターで応戦して話題になりました。

この一件も、ガーシーが国会議員になってしまうと、暴露へのペナルティが民事だけになってしまい、侮辱罪などの刑事罰は問えなくなります。

ガーシーが当選してから帰国し、バン(削除)された報復を行う可能性は充分にあるため、三木谷社長は生きた心地がしないでしょう。

ガーシー当選で木原官房副長官は更迭!

ガーシー木原官房副長官

ガーシー木原官房副長官

ガーシーの当選に戦々恐々としている一人が、自民党の木原誠二官房副長官です。

木原副長官は5期目、52歳の若さで官房副長官の座を射止めた自民党のホープです。

官房副長官は官房長官を補佐する要職です。

そんな要職にある木原副長官がなぜ、ガーシーを恐れているとかといえば……やはり、ユーチューブで暴露されたからです。

ガーシーは自身のユーチューブで次の内容を暴露しました。

  1. 木原官房副長官は、三木谷氏の豪華な個人パーティに出席していた
  2. トライストーン・エンタテイメント代表取締役の山本又一朗氏が岸田総理と接近したい際、木原副長官が金銭を授受して間を取り持った

1については、2021年12月21日、場所は六本木のフィオーリアというカラオケボックだったそうです。

カラオケボックスで贅沢パーティ?と疑問ですが、このフィオーリアは何と三木谷社長が経営しているそうなのです。

フィオーリア

フィオーリア

フィオーリア地図

フィオーリア地図

高級感漂うカラオケボックスですが、三木谷社長が経営しているだけあって「三木谷ルール」なる専用ルームがあるそうです。

ここで昨年末、三木谷氏は木原副長官を招き、モデルや芸能人の卵を合計20名も招いて、舞や踊れやのパーティを行ったとされています。

コロナ禍でイベントを行うのは、庶民が三密を避けて生活しているのに、いかがなものか?とは思います。

しかし、1と2に関しては、証拠があるわけではありません。

2に関しては、官房副長官の要職にある木原さんが芸能事務所の取締役と一緒の写真におさまるのは不愉快ですが、ただちに違法とはなりません。

おわりに

ガーシーに投票

ガーシーに投票

ガーシーとNHK党に投票した有権者は、暴露系ユーチューバーを見たいために投票したわけではないでしょう。

いつまでも上がらない給料、止まらない円安、こうした閉塞感を打破するために、一票を投じたはずです。

当選したその日から、国会議員としての給料が発生します。

その原資は当然、国民の血税です。

どうかその認識を持ち、真っ当な国政を行っていただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました