長谷川健太監督を男にした阿部浩之と吉田豊!アンカーは宮原和也だ【動画有】

グランパス サッカー
グランパス

18日に行われたJリーグ杯・グループB・第6節。

我等がグランパスは、2軍で同じく2軍の徳島ヴォルティスに2-0で快勝しました。
選手寸評で振り返るレビューと次の清水エルパルス戦のプレビューをお送りします。

スポンサーリンク

スタメンとベンチ入り選手


長谷川健太監督の「大事な選手は休ませたい」とのインタビューから眺めると、大事な選手はマテウスとレオシルバです。

3バックは右から宮原和也、チアゴ、藤井陽也。

ボランチは、稲垣祥と吉田温紀。

両WGは、相馬勇紀と吉田豊。

シャドーに、阿部浩之と甲田英將。

1トップに、柿谷曜一朗。

長谷川監督の柿谷フェチは有名なので仕方ありませんが、今後を考えると石田凌太郎をスタメンで使ってほしかったですね。

しかし、グランパスユーズの出世頭である甲田英將と吉田温紀をついにスタメンで使ったので、一定の評価はできます。

Jリーグ杯はリーグの順位に関係ないので、もっと早い時間帯で豊田晃大を投入し、宇水聖凌に出場の機会をあたえると、将来に繋がりました。

ボランチは長澤が負傷しているので、稲垣が出ずっぱりになってしまうのは、仕方ありません。

選手寸評

ランゲラック:チアゴの奮起でほぼ出番無し。全試合スタメンフル出場は、彼の体調管理の素晴らしさの賜物。

チアゴ:スピードは無かったものの、ポジション取りと体の強さを活かした守備はアッパレ。

藤井陽也:3バックの左は初挑戦ながら、安定した守備。ビルドアップも◎。

稲垣祥:気分屋の吉田温の介護をしながら中盤を制す。2点目の起点となったプレスは復活の兆し。

吉田温紀:驚くようなボール狩りをしたかと思えば、驚くほどボンヤリ。気分屋ぶりは、ピクシーレベル。

相馬勇紀:甲田の介護をしながら、攻守で強度あるプレー。得意のクロス上げマンはもう見られない?

吉田豊:守備は◎。ビルドアップは相変わらず雑だが、チームに欠かせない選手。

阿部浩之:2点目のシュートはコースもスピードも圧巻。「守備?知らねぇ」を貫き通す。

甲田英將:持ち味のドリブルでは魅せたが、シュート力は課題。杉森考起になるぞ?

柿谷曜一朗:マッシモが愛した守備はさすが。1トップの選手ではないので、評価は難しい。

阿部浩之と吉田豊

年齢的に、選手の終わりが見えてきた阿部と吉田豊の両選手です。

長谷川監督は、2シャドーで戦う決意を固めたので、阿部にチャンスは回ってきます。

スポンサーリンク

グランパスの2シャドーは「マテウスの相棒は相馬? 柿谷?」と流動的です。

1トップが金崎か酒井か決まっていないので、仕方ありません。

甲田や石田に期待していますが、まだ未熟です。

柿谷と阿部でマテウスの相棒を回すのが、最も効率的です。

吉田豊は長谷川監督の意味不明のコダワリで使ってもらえませんが、攻守の強度あるプレーは必要不可決です。

吉田豊を左WGで使えば、相馬をシャドーやスーパーサブで起用できるので、戦術の幅が広がります。

小倉監督のような下手なコダワリはさっさと捨てましょう。

アンカーは宮原和也

何度も口を酸っぱくして言っていますが、アンカーはレオシルバではなく、宮原です。

広島時代、アンカーを務めた宮原は、バイタルを制圧していました。

右SBは風間監督の魔改造なので、負の遺産を相続しなくてもいいのです。

レオシルバは年齢による摩耗で、パフォーマンスにムラがあるため休み休み起用したいのです。

宮原アンカーは、グランパスが残留するために、必須です。

徳島戦の後半で長谷川監督が試しただけに、次の清水戦での起用を期待します。

エスパルス戦プレビュー

エスパルスは権田がゴールを守るので、1点をめぐる攻防になります。

白崎とチアゴ・サンタナがタクトを振るう攻撃陣は、去年とは比較にならない破壊力です。

J2に降格した際、獲得に失敗した鈴木義宜が存在感を増しており、稲垣との1対1は見物です。


湘南戦で攻撃が爆発したので、「神様ランゲラック様」次第で結果が変わる、スリリングな試合になります。

川崎のようなパスワークとボール支配はグランパスに無理なので、耐えてカウンター、そしてマテウスの個人技に頼るしかありません。

5/21(土)14:00に「IAIスタジアム日本平」で激突します。

静岡県内で18日、新たに1208人の新型コロナウイルス感染が確認されています。

なるべく、自宅でDAZN観戦しましょう。

サッカー、野球など130種類以上のスポーツに加え、スポーツ関連コンテンツが見放題!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました