名古屋グランパス、川崎フロンターレに惨敗!次節は柏レイソルと豊田スタジアムで対戦

名古屋グランパス サッカー
名古屋グランパス

名古屋グランパスは王者・川崎フロンターレに雪辱ならず。
等々力でのリーグ戦勝利はまたもお預け。

スタメンや選評とともに振り返ります。

スポンサーリンク

川崎フロンターレ戦のスタメンと交代選手やスタッツ

スタメン

グランパスイレブン

グランパスイレブン

負傷のチアゴの代わりに藤井を抜擢。
空中戦に強さは見せたものの、失点シーンはいただけない。

ただし藤井の闘志あふれるプレーだけが唯一の収穫か。

交代選手

グランパス交代選手

グランパス交代選手

河面がついにベンチ入り。
しかしプレーを見ないまま終戦。

またユースの最高峰、甲田英將がベンチ外と寂しい顔ぶれ。

スタッツ

チームスタッツ

チームスタッツ

シュートは川崎フロンターレより多く撃ったものの、とにかく入らない。
シーズン開幕前から懸念されていた決定力不足を露呈する結果となった。

戦評

前監督二人の怨念がたたったような試合でした。

風間監督の怨念

トメル・ケル・ハズスができない。
パスが繋がらず、自陣からボールを運ぶことができない。

風間監督時代のように、リードされているのにゴール前でボールをコネくり回すシーンが多々見られた。
相馬やマテウスの突破は光ったものの、ボールをおさめきれない。

何より風間監督が「トドメを刺す」と指摘したゴールが遠い。
相馬は惜しいシーンを演出したものの、決めきれない。

仙頭や酒井の奮闘は認めるが、チームのために身を粉にするプレーとは言い難かった。
レオシルバの方が仙頭よりいいパスを配給しており、司令塔を変えてもいいかもしれない。

この試合、両SBの吉田と宮原から組み立てる意図は見られたが、それを川崎に狙われ続けた。
特に宮原は川崎の試合巧者ぶりに幻惑され、何度もパスをロスト。

”アフター風間”の選手である中谷は、繋ぐことすら困難な状況。
キャプテンの丸山が出場していたら、割り切って縦に出せ!――そう指示していた試合。

マッシモ監督の怨念

守るのか攻めるのか。

昨年までのマッシモ体制は面白みに欠けるものの、攻守の区別がハッキリしていた。
先制されるまでは相馬のシュートをはじめチャンスを演出しており、失点は点差以上の衝撃。

先制されてからも、カウンターを狙うのか繋ぐのか曖昧なまま時間だけが過ぎていく。

特に宮原の迷いは彼だけの責任ではない。
藤井のカバーをしながら、川崎の強力なFW陣を防がねばならない。
2失点目を防げたのは、宮原の守備力抜きでは語れない。

途中出場は左に森下、右に成瀬が効果的だ。

川崎フロンターレ戦のコレだけは言いたい!

相馬とマテウスは逆だ。

左に相馬、右にマテウス。
長谷川健太監督が去年の長所より自分のコダワリを優先させるなら、降格も覚悟すべき今シーズンになりそうだ。

サポーター・ファミリーの反応は?

前評判が悪かっただけに、評価は意外とプラスです。

>まあ川崎相手でしかも川崎ホームで0-1なら
今の名古屋の状況を考えるとよくやったと思う。
実際ボールは持たれてたけど決定的なシーンは
ほとんど作られてないし、失点シーンもほぼ対処ミス。相変わらずパスの下手さ、トラップの下手さは選手が変わっても伝統的だけど今日の内容はそれほど悲観することはないと思う。シーズン終盤でコレならマズいけど

>まだチーム作りは途中という感じが否めないけど、今日の試合ぶりで1失点、しかもミス絡みだけで済んだのは良かったです。
川崎は橘田が効いていて、うまくスペースを作られたり埋められたので、改めて良い選手であることを実感しました。

>藤井は良いCBですね。
調べたらまだ21歳なんですね。中谷以外であんなに良い選手がいるなんて今後が楽しみですね。

>次節のスタートから左相馬、右マテウスが見れそう!!

>点を取られてからの落ち着きのなさ。可能性を感じられなかった。
点差以上に差はあったし、やりたいサッカーが全然見えてこないゲームだった。
このままだと下位までまっしぐらな気がする。頼むよ長谷川

>グラサポですが止める、蹴る、ボールを貰うポジショニングが同じJ1同士のチームなのかと思うぐらい差を感じました。
点差以上の差を感じました。

やはり藤井への高評価とトラップ&パスミスへの批判が多い印象でした。

次節は柏レイソルと豊田スタジアムで対戦

難敵・アビスパ福岡にウノゼロの柏レイソルと対戦する。
3/20(日)14:00キックオフ。

元グランパスの小屋松知哉が活躍中だが、何としても勝ちたい。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました