ロコモティブシンドロームとは「原因と予防」オンラインジムで予防!

ロコモティブシンドローム 肉体と身体障碍

「ダイエットしたいけど、世の中のダイエット方は『食べるな』ばっかり!」

無理な食事制限で、ダイエットできましたか?
ストレスが溜まっただけだと思います。

「筋トレをして腹筋を割りたいけど、いつまで経っても効果が表れない!」

我流の筋トレや素人トレーナーしかいないジム通いを続けても、効果は出ません。
お金と時間の無駄です。

ところで「ダイエット」や「筋トレ」の本当の狙いを御存じでしょうか?

ダイエットや筋トレを行わないと、介護が必要になったり、病気にかかります。

この状態を「ロコモシンドローム」と言います。

この記事を最後までご覧になれば、「ロコモシンドロームの予防」と「正しいダイエット」「正しい筋トレ」の方法が分かります。

スポンサーリンク

ロコモティブシンドロームとは

「ロコモシンドローム」=「ロコモ」とは運動器の障害が原因で移動する機能などが低下した状態のことです。

「ロコモシンドローム」は英語で移動を表す「ロコモーション」と移動するための能力を表す「ロコモティブ」が合体した言葉です。

つまり「ロコモ」とは移動するための能力が衰えている状態です。

「移動」と一口で言っても、 歩行や下肢筋力だけの問題ではありません。

人間は移動するために「立つ・歩く・作業する」といった動作を行います。
これらの動作には、骨・関節・筋肉・神経などが使われます。

つまり「ロコモの低下」とは全身の低下を意味します。

ロコモの低下が進行すると、自力で動けず、介護が必要になってしまいます。
実際に介護を必要とする高齢者の四人に一人が、ロコモの低下が原因となっています。

ロコモティブシンドロームの原因と予防

高齢者になってからも介護を必要とせず、自力で楽しい時間を過ごすためには「ロコモの予防」を今から行なっておくことが欠かせません。
電車やバス、自動車によって移動で筋力を使う機会が減りました。
皮肉なことに「バリアフリー」の浸透で、屋内での生活でも過去よりは筋力を使いません。

スポーツ庁の調査によって、50歳の人であっても運動の習慣がある人は、運動していない30歳よりも体力があることが実証されました。

ロコモ度テスト

自分がロコモかどうかを確認するための3つのテストを「ロコモ度テスト」と呼びます。

1. 片膝または両足で、どれくらいの高さの台から立ち上がれるかを測ります。
2. 大股で2歩歩いた距離を測ります。「2ステップテスト」と呼ばれています。
3.「ロコモ25」と呼ばれる運動器の不調に関する25の質問に答えます。

ロコモティブシンドロームの予防

ロコモの予防や対処には以下が挙げられます。

・病気の予防
・病気の治療
・痛みや痺れの治療
・栄養不足の改善
・生活習慣病の予防

ロコモが低下して介護が必要にならないためにはどうすればいいのか、具体的に説明します。

筋トレの効果とダイエット

筋トレの効果

筋トレの効果は「腹筋を割る」などの見た目だけではありません。

筋肉がつくと「筋維持力」がつき、重いものを持ったり、長時間歩いても疲れにくくなります。

日常生活を送る上で、肉体の疲労が少なくて済みます。

また、正しい筋トレを行えば、関節の柔軟性が増します。
プロのアスリート選手ですら「筋肉をつけると足が遅くなる」「筋肉をつけると体が硬くなる」と発言する人もいますが、正しい筋トレを行っていないだけです。

我流ではなく、 正しい筋トレを行えば、日常生活のストレスが減り、介護予防にもつながるのです。

ダイエットの効果

ダイエットは、見た目だけの問題ではありません。

肥満傾向にある人は、心臓に高負荷がかかっている状態です。

また、脂肪の多い体を支えることで、腰や足に負担がかかってしまいます。

体重落とすというより、体脂肪を落としましょう。

特に内臓脂肪を落とすことは、腸間膜や腎臓、 子宮周囲の脂肪を減らすことが確認されています。

内臓脂肪を落とすことで、生活習慣病が改善されます。

オンラインジムのおすすめ

「ロコモの低下=介護状態を防ぐために、運動が必要なのは分かったけれど、具体的にどうすればいいのか?」。

みんなが「正しい筋トレ」や「正しいダイエット」を知らないまま、 運動をしていないか、間違った運動をしています。

現在はインターネットで、無料の筋トレ方やダイエット方の知識を得ることは可能ですが、ハッキリ言って「安かろう悪かろう」です。

スポンサーリンク

また何より忙しいので、運動の時間が取れません。

さらに日常生活の中で、運動をする機会がありません。

つまり私たちは「運動する環境」に恵まれていないのです。

逆に言えば、 運動をする「環境」= 運動する「時間」や「機会」を得ることができれば、続かない筋トレや無理なダイエットとおさらばできます。

ジムに通うことで、我慢できない食事制限や正しくもなければ継続もできない筋トレで、時間と体力を浪費することが避けられます。

無料カウンセリングと30日間無条件全額返金保証がメリットです。
結果にコミットします。
最短で結果を出したい方にお薦めです。
遂に到来!肉も魚も食べるダイエット/ライザップ

全額返金保証有りで、「人生最後のダイエット」を。
日本一のトレーナーが監修するパーソナルジム【PLUME】の入会

【女性専用】のジムで、他人の目を気にせず運動したい方へ。
【女性専用】パーソナルジムfis.lady’sの新規入会

「産前産後」の方は無理の無い範囲、しかもオンラインで運動を始めましょう。
Mom’s FIT ONLINE|産前産後オンラインフィットネスの月額制プラン登録

Zoomを利用したオンラインで「ヨガ」から始めたい女性の方向けのサービスです。
LAVAのオンラインヨガ【うちヨガ+】お申込みプロモーション

今なら入会金無料です。
WAIS|パーソナルジムの入会キャンペーン

まずは体験トレーニングから始めたい方専用です。
カラダメンテ|パーソナルトレーニングジムの体験・入会申込

無料カウンセリング予約から始められる「筋トレとダイエットの真打登場」です。
一人じゃないから続けられる!オンラインパーソナルジム「CLOUD GYM」

「筋トレとダイエットは納得できる仕上がりになったけれど、異性との出会いが無い」方へ。
無料の登録だけでも、お薦めです。

無料の出会いは(マリッシュ)
いいねから始まる恋婚/R18

終わりに

高齢化社会とは「介護社会」であり「多死社会」です。

「ピンピンコロリ」というように、運動をして介護が必要がない自分を作り出すことで、今の日常生活にも自信が持て、安心して老後を過ごすことができます。

今と将来への自分への投資として「ジム」を活用しましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました