新海誠監督の新作映画「すずめの戸締まり」主題歌はRADWIMPS

すずめの戸締り トレンド
すずめの戸締り

新海誠監督の新作となる映画は「すずめの取締まり」。

2021年12月5日、正式に発表されました。

今回は映画「すずめの戸締り」のご紹介と主題歌についての考察をご紹介します。

さらに「新海誠ってどんな人?」や過去の名作を振り返ります。

スポンサーリンク

「すずめの戸締まり」どんな映画?

あらすじとみどころ

あらすじ

鈴芽(すずめ)は、九州の静かな町で暮らす17歳の少女です。

彼女は 「扉を探してるんだ」と言う旅の青年に出会います。

彼の後を追うすずめは、山中の廃墟へ。

そこで彼女が見つけたのは、 古ぼけた扉でした。

引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばします。

やがて、日本各地で次々に開き始める扉。

その向こう側からは何と、「災い」が訪れてしまいます。

「開いた扉は閉めなければいけない」。

――星と、夕陽と、朝の空と。 迷い込んだその場所には、すべての時間が溶けあったような、空があった――

不思議な扉に導かれ、すずめの「戸締まりの旅」が始まるのですが――。

みどころ「3つのキーワード」

みどころ満載ですが、切り口を3つのキーワードに分けてみました。

ロードムービー

主人公の鈴芽は、災いが訪れるという扉を閉じるために、日本各地を旅します。

新海作品の大きな魅力は、「君の名は。」で魅せつけた風景です。

その腕前は、日本アニメ界に大きな影響を与えるほどです。

今作では、日本各地が舞台となります。

これまでの作品以上に、美しい風景に出会えるでしょう。

また、本作発想のきっかけは、各地を廻った際に見たという過疎化した土地の風景や、コロナ禍で人のいなくなった新宿の風景などがあったそうです。

そこで何かを感じた新海監督。

「君の名は。」を超える風景に期待が高まります。

扉を閉じていく物語

ふたつめのキーワードは「扉を閉じていく物語」です。

新海監督は、

「何かをはじめるよりも、終わらせることのほうが難しい」

と発言しています。

新たな土地に住む際に行われる「地鎮祭」など、何かを始める際に行われる儀式。

しかし儀式は、その土地を離れる時には行われません。

新海監督は、

「新しい何かをはじめるために、それまでの何かをしっかりと終わらせる」

と感じています。

これまでの作品でも「終わりの風景」に向き合ってきた監督(特に「天気の子」)。

――終わりの悲しさの向こうにある「新しい始まり」の輝き――

新海監督が「終わらせること」に向き合った新作では、どんな物語が紡がれるのでしょうか?

映画館にお客さんを

ネットフリックスなどのサブスクが主流となっている現代に、監督は危機感を抱いています。

新海監督が作品で取り組んできたのは「没入感」です。

それは、大きなスクリーンと豪華な音響でしか、実現しません。

映画館離れが叫ばれる昨今、「すずめの戸締り」で映画の復権を狙います。

キャスト

キャストは未定となっていますが、上白石萌音さんと森七菜さんは決まりです。

根拠はこちらです。


正式に発表され次第、最速で更新いたします。

スタッフ

原作・脚本・監督:新海誠
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:土屋堅一
美術監督:丹治匠
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
制作プロデュース:STORY inc.

主題歌は「RADWIMPS」の根拠

2021年12月に行われたRADWIMPSのLive。

そのLiveで彼等は何度か「劇伴」という単語を口にしました。

劇伴とは、映画の音楽を指します。

彼等が2022年、映画の音楽を担当することは確定です。

さらに「すずめの戸締り」の予告をご覧ください。


このメロディーは野田洋次郎(RADWIMPS)のピアノです。

これで主題歌はRADWIMPSで決まりです。

あとはタイトルの発表を待ちましょう。

ヒロインは死亡「タイムリープ」

早くもストーリーの考察が始まっています。

そんな中、最有力なのが「タイムリープ」です。

「君の名は。」でも「天気の子」でも、新海監督は常に「時間軸」を意識した作品を書いてきました。

さらに「君の名は。」で観客に叩きつけたのは「ヒロインが生き残れる? 本当に?」というアンチテーゼでした。

緊張感のあるストーリーが売りなだけに、考察合戦は拡大していきます。

新海誠ってどんな人?

アニメ界の巨匠・新海監督とはどんな人なのか、見ていきましょう。

新海誠の本名は?

本名:新津 誠
生年月日:1973年2月9日(49歳)
出身地:長野県南佐久郡小海町
職業:映画監督、作家
デビュー:1996年
配偶者:三坂知絵子
著名な家族:新津ちせ(長女)
事務所:コミックス・ウェーブ・フィルム
公式サイト:新海誠作品ポータルサイト

人物

猫好きで猫を飼っているので有名です。

新宿の街並みが好きな方で、作品に新宿のシーンが数多く出てきます。

村上春樹さんから強い影響を受けました。

特に「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」が大好きな方です。

 

アメリカの雑誌「バラエティ」で、「注目すべきアニメーター10人」に入る巨匠です。

新海誠の名作紹介

新海誠という巨匠を語るのには、2つの作品紹介が必須です。

1作はメガヒットした「君の名は。」です。

そして、もう1作は直近の作品「天気の子」です。

君の名は。

2016年に公開されました。

興行収入は250.3億円を超えるメガヒットを記録。

日本歴代興行収入ランキングで「千と千尋の神隠し」「タイタニック」「アナと雪の女王」に次ぐ第4位を記録しています。

概要

監督・脚本・原案・編集:新海誠
製作:川村元気
武井克弘
伊藤耕一郎
市川南
川口典孝
大竹圭二
製作総指揮:古澤佳寛
出演者:神木隆之介
上白石萌音
音楽:RADWIMPS
主題歌:RADWIMPS
「前前前世」
「スパークル」
「夢灯籠」
「なんでもないや」

スポンサーリンク

思い出

映画館で鑑賞しました。

当時、マスコミの報道は風景の美しさもあって「君の名は。」一色でしたね。

ヒロインの三葉(みつは)が握った手の平をあけたとき「好きだ」と書かれた文字を目にしたシーンで泣いたのは内緒です。


 

「君の名は。」で大きく羽ばたいのは新海監督だけではなく、RADWIMPSがメジャーバンドになる大きなキッカケとなりました。


 

天気の子

2019年7月19日に公開されました。

興行収入は141.9億円で、日本映画の12位を叩き出しました。

また「第43回日本アカデミー賞」で、「最優秀アニメーション作品賞」と「最優秀音楽賞」を受賞しています。

概要

監督・脚本・原案・編集:新海誠
製作:市川南
川口典孝
製作総指揮:古澤佳寛
出演者:醍醐虎汰朗
森七菜
小栗旬
本田翼
倍賞千恵子
吉柳咲良
平泉成
梶裕貴
音楽:RADWIMPS
主題歌:RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」
「グランドエスケープ (Movie Edit) feat.三浦透子」
「風たちの声 (Movie Edit)」
「祝祭 (Movie Edit) feat.三浦透子」
「大丈夫 (Movie Edit)」
撮影:津田涼介

思い出

映画館で鑑賞しました。

最も印象に残っているのは、「君の名は。」の「立花瀧(たちばな たき)」と「宮水三葉(みやみず みつは)」が登場したシーンです

てっきり「口噛み酒で日本晴れ!」とかやってくれると期待したのですが(発想が昭和のオッサン)。

口噛み酒とは、穀物やイモ類を口の中で噛み、それを吐き出して放置して造る酒です。

なかなかエロいシーンなのは内緒です。

また、RADWIMPSと三浦透子さんの「グランドエスケープ 」が流れたシーンでは、映画に感動したわけでもないのに、泣いてしまいましたね(内緒です)。


 

新海監督の映画は「音楽」が大きな見どころです。

すずめの戸締りでも、RADWIMPSや三浦透子さんがきっと担当してくれます。

今から楽しみですね。

それでは、また更新したときや新しい記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました