介護の転職サイトおすすめサイト「介護の転職で失敗しないために」

資格の合格「求人と給与」

「どうしてお母さんの脚に痣があるのよ! あんたが虐待したんじゃないの!?」

面会に来ない家族に限って、苦情だけは一丁前です。
人間、生きていれば痣の1つや2つはできます。

「どうして親父の臀部に褥瘡ができたんだよ! 施設は手を抜いている!」

施設待機の行列待ちの時はペコペコしていたくせに、入所して親の世話を焼く必要がなくなった途端、介護職への総攻撃を始める家族。
若者でも長時間椅子に座っていれば、床ずれはできます。

少子高齢化で、介護の現場は常に人手不足です。

「介護職はオワコン」と言われてから随分と経ちます。

「オワコン」上等です。

他人の親のために歯を食いしばって頑張った介護職の皆様に、情報共有した後に「生き地獄」と化した介護の現場から脱出する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

介護の現場は課題山積み

2021年7月、厚生労働省は 介護職員の必要数を発表しました。

「2025年度には約32万人が必要です」

「2040年度には約69万人が必要です」

しかし、公共財団法人介護労働安定センターの調査では9割の事業所が「人を雇えない」と回答しています。

それもそのはずで、 介護報酬単価は国が決めるため、現場の介護職がどんなに頑張っても給料は上がりません

友人の介護福祉士は結婚を機に転職しました。

理由は「介護職の給料では家族を養っていけないから」でした。

では他に、介護職を辞めたい・辞めるべき理由は何があるのか一緒に確認作業を行いましょう。

夜勤手当が安い・夜勤専従職でも飯が食えない

私が救護施設に勤務していた頃の夜勤手当は4,700円でした。
組合が頑張って200円上げたそうです。

近所にある赤十字病院の看護師は、夜勤手当が2万円でした。

世間は医療職を厚遇しますが、介護職はのたれ死んでもいいと思ってるようです。

夜勤だけを行う夜勤専従職になっても、カツカツの生活になります。
元々の介護報酬単価が安いので、どんな職務形態をとっても、劇的に給料が上がることありません。

最低生活費を稼ごうと思ったら、夜勤専従職になって、日中もアルバイトやパートのWワークをするしかありません。

国と世間は介護職に「霞を食って生きていけ」と綺麗事を押し付けます。
給料面だけ見ても 、介護職はオワコンです。

介護の現場は日本一のブラック

人手が足りないので、夜勤明けの日勤や祭りなどのイベントのため、休日出勤することは当たり前になっています。

休憩時間もナースコールが鳴り響き、食事も満足に取れません。

さらに最悪なのは「違法な医療行為を強制される」です。

現在、介護職の9割が医療行為の経験を持っています。
そのうち1割が、医療事故を起こしています。

厚生労働省が認めた医療行為は下記だけです。

  1. 水銀体温計・電子体温計による腋下の体温計測、耳式電子体温計による外耳道での体温測定
  2. 自動血圧測定器により血圧測定
  3. 新生児以外で入院治療の不要な者へのパルスオキシメータの装着
  4. 軽微な切り傷、擦り傷、やけど等について専門的な判断や技術を必要としない処置(汚物で汚れたガーゼの交換を含む)
  5. 軟膏の塗布(褥瘡の処置を除く)
  6. 湿布の貼付
  7. 点眼薬の点眼
  8. 一包化された内用薬の内服(舌下錠の使用も含む)
  9. 坐薬挿入
  10. 鼻腔粘膜への薬剤噴霧の介助

また厚生労働省が 保健師助産師看護師法の規制対象外とした行為は以下のとおりです。

  1. 爪切り、爪ヤスリによるやすりがけ
  2. 歯ブラシや綿棒、または巻き綿子などによる歯、口腔粘膜、舌に付着した汚れの除去
  3. 耳垢の除去(耳垢塞栓の除去を除く)
  4. ストマ装着のパウチにたまった排泄物の廃棄(肌に接着したパウチの取り替えを除く)
  5. 自己導尿の補助としてのカテーテルの準備、体位の保持
  6. 市販のディスポーザブルグリセリン浣腸器を用いた浣腸

実際にあった事例ですが、利用者が苦しんでるからといって、自前のニトログリセリンを投与するのはやめましょう。

良かれと思って行った行為であれ、犯罪です。

他人の親のために、刑務所に入る必要はありません

仕事がきつい。肉体的にも精神的にもきつい

人前で話すのが苦手であっても、デイサービスに就職した瞬間、打率10割でレクリエーショを行うことになります。

レクリエーションが嫌で特別養護老人ホームや老人保健施設に逃げても、今度は夜勤が襲ってきます。

私が救護施設に就職したとき「腰痛が無いやつはモグリだ」と言われました。
私は腰痛どころか、首に軽いヘルニアを発症しました。
さらに夜勤で自律神経がやられて、 今でも睡眠薬を服用しています。

歯を食いしばって介護を行っても、親を預け放しの家族から怒涛のクレームを浴びます。

研修がなく、いきなり実践

介護業界は、新人の教育が下手くそです。
分かりやすい育成マニュアルは、確立されていません。

未だに介護の現場は「見て覚えろ」「芸は盗むもの」です。

他業種に比べて進歩が無く、潰しが効かなくなります。

上司への不満が尽きない

介護の現場で、上司に満足している職員はほぼいません。
介護職の結果をはかる物差しがないので、上司が正当な評価を下せないからです。
その結果、 仕事の手を抜いて上司に上手く取り入った人だけが、出世していきます。

そして経営陣は介護の現場に無知で、お世辞を求める人間だけの集団になります。
トドメに、福祉の現場では「経営」の 知識も実践経験を積めないので、商売下手な人達が法人を運営して、 赤字を垂れ流しています。

「介護はオワコン」の確認作業は、こんなところでしょうか?
他にもあれば「お問い合わせ」からメールで教えてください。

介護の転職で失敗しないために

転職は人生の一大イベントです。
せっかく介護職から離れることができるので、失敗しないようにしましょう。
転職で失敗しないポイントは4つあります。

ギャップを作らない

せっかく転職したのに「こんなはずではなかった」という事態は避けたいものです。
また転職せねばならず、履歴書に無駄な経歴だけが増えていきます。

ギャップができる原因は雇う側も雇われる側も「マイナス」を正直に言わないからです。

転職する際は自分の「強み」と「弱み」を分析し、「弱み」 を正直に人事担当者に言いましょう。

転職先が綺麗事ばかり言う場合は、 要注意です。

福利厚生と職場の雰囲気を確認する

給料は死活問題なので、転職の際は遠慮なく質問しましょう。
答えを濁す企業は、安月給でコキ使う習慣が根付いているので、避けたほうが無難です。

「きちんと休めるのか」「人間関係は自分に合っているのか」を確認するために、職場見学は必ず行いましょう。

可能であれば「インターン」などの制度を使って、転職先の内部を探ることをお勧めします。

「人間」を大事にする企業かどうか

職場見学や面接で、資格取得などを応援してくれるかどうか確認しましょう。

せっかく転職しても、 AI の普及で仕事が無くなっては意味がありません。

「有給休暇が取れるかどうか」は、「組織が人を大事にしているかどうか」の指標になるので、人事担当者に思い切って質問しましょう。

転職で失敗しないためには恥を捨てて、しっかりと質問することが大切です。

福祉職か異業種でいくのか

自分のキャリア形成にあたって、福祉の業界内で飯を食っていくのか、異業種に打って出るのか、ハッキリさせましょう。

この点がハッキリすれば、次の章でご紹介する「外れがない資格」と「外れがない転職サイト」を上手く活用して、順風満帆な生活が送れます。

介護の資格と転職おすすめサイト

「資格」と言っても、役に立たない民間資格もあれば、一生食いっぱぐれることのない「国家資格」もあります。

まずは生活基盤を作ることが最優先なので「国家資格」を取りましょう。

福祉職として生きていくなら

介護の現場が報われないのは、ご説明した通りです。
そこで、福祉職として生活するためのルートは2通りあります。

1つ目は「社会福祉士」を取って、相談援助業務を行うことです。



介護保険に特化して、給料を得るのであれば「ケアマネジャー」一択です。
ユーキャンのケアマネジャー講座

すでに資格を持っているのであれば「ジョブメディカ」がお薦めです。
・無料で登録できる
・業界最高水準の継続お祝い金がもらえる
・経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍


異業種で働くのであれば

思い切って異業種に転向するのであれば、働きながら取得できる資格で、転職に有利な以下の資格はお薦めです。
ユーキャンの医療事務講座

ユーキャンの調剤薬局事務講座

ユーキャンの行政書士講座

ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

どうしても「資格が絞れない」場合は、資格診断を行えば、自分でも気づかなった可能性が見えてきます。
ユーキャンのぴったり講座診断

私は「電気工事士2種」の資格を取るため、公務員を退職しました。



ハローワークの求人では給料や福利厚生が良い「クローズド案件」が見つけられないので、転職サイトに登録する必要があります。
無料で登録できますが、複数登録すると大量のメールが来て煩わしいので、最短1週間で内定がもらえる「ポート株式会社」で面談だけは済ませておくと、転職活動が楽になります。
既卒・第二新卒の方はキャリアパーク就職エージェント

アンケートに回答するだけで「転職祝い金」がもらえて、アプリ利用のボーナスポイントで「最大10万円」を入手するのであれば、信頼と実績の「転職ナビ」です。
東証一部上場です。
「転職ナビ」はキャリアアドバイザーが書類作成補助や面接対策を行ってくれます。
さらにAIを使って、高い精度のマッチングを誇ります。
初めての転職は転職ナビ

#令和サバイブ「#今つらいあなたへ」

「老人の介護は長男の嫁の仕事」という石器時代の考えから脱却するために「介護保険」が施行されました。

方向性は正しいと思いますが、この国はあまりにも「現場の介護」を軽んじています。

そのしわ寄せは、現場で歯を食いしばってる戦っている介護職に来ています。

「介護」は公共性の高い仕事ではありますが、潰しがきかず肉体労働、しかも給料が安いという三重苦です。

それでも「介護の現場で頑張る」と決めた#つらいなあなたへ

「あなたは決して一人ではありません。#令和サバイブ するために、いつでもこの記事に戻ってきてください。悩みや苦しみを教えてください。共有することで、あなたが楽になれる道が見つかるかもしれません」

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました