篠塚浩の学歴と経歴と年収!嫁と子どもは「テレビ朝日新社長に就任」

テレビ朝日社長の篠塚浩 トレンド
テレビ朝日社長の篠塚浩

篠塚浩さんが6月29日、テレビ朝日の社長に就任しました。

篠塚さんの社長就任は、亀山慶二前社長が今年2月に辞任したことを受けてのものです。

社長就任会見は、東京・六本木のテレビ朝日の本社で行われました。

その記者会見では23年半も続いたご長寿番組「木曜ミステリー」の最終回にも言及するなど、テレビマン一筋36年の経験を見せつけるシーンもありました。

テレビ朝日の社長に就任したことはめでたいのですが、前社長が不祥事で辞任したこともあり、世間からは冷たい声もあります。

そんなテレビ朝日の新社長・篠塚浩さんについて調査した結果をご報告いたします。

篠塚浩がテレビ朝日社長に就任

篠塚浩さんは6月29日に、テレビ朝日の新社長に就任されました。

そして7月5日、社長就任の挨拶をテレビ朝日のビルで行っています。

篠塚社長の就任を世間は厳しく冷ややかな目で見ています。

というのも、前社長の亀山慶二氏が不祥事で辞任する羽目になったからです。

亀山前社長は経費の私的流用が発覚して辞任に追い込まれました。

亀山テレビ朝日前社長

亀山テレビ朝日前社長

亀山前社長の不祥事とは、伝票を不正に処理して、会社経費を私的に使用し、会食やゴルフなどに60万円も浪費してしまった件です。

しかしこれは一説によるとメディアの幹部は普通にしている……と噂されています。

この噂が真実であったとき、篠塚社長もまた過去に同じ過ちをしでかしていても、不思議はありません。

こうした背景から、篠塚社長の船出は厳しいものとならざるを得ません。

そうした世間の目を意識してか、篠塚社長の発言は”クリーン”を前面に押し出しています。

篠塚社長「信頼面で言うと、テレビ事業の公共性を支えるのは報道機関としての役割を果たすことになる」

篠塚社長「私共、放送事業は公共的役割を果たす使命があります。根本には見て頂く方への信頼がなければ」

篠塚社長「報道機関として正確な情報を迅速にお伝えする」

就任記者会見んで、”公共”というキーワードーを2回も使っています。

テレビや新聞のメディアは「公共の器」と呼ばれています。

政治・官僚に次ぐ”第三権力”としての透明性と正義を追い求める力――即ち、”公共”性が最も求められる職業なのです。

篠塚社長の手腕に期待し、注目していきましょう。

篠塚浩の学歴

篠塚浩さんは、東京大学を卒業されています。

テレビ朝日は「マスコミの予備校」と言われる早稲田大学をはじめ、慶應義塾大学などの名門私大、横浜国立大学などの国公立大学から幅広い人材を求めている印象を受けます。

また、短大である東京都立産業技術高等専門学校の採用者がいる点が注目です。

篠塚浩の学歴

篠塚浩の学歴

篠塚浩の経歴

篠塚浩さんは東大を卒業後、テレビ朝日に入社されました。

ご出身は東京都です。

1962年6月15日生まれで、60歳です。

1986年4月1日に全国朝日放送株式会社に入社し、以降、ずっと報道畑を歩んでこられました。

スポンサーリンク

篠塚浩の経歴

篠塚浩の経歴

篠塚浩の年収

篠塚浩さんの年収は2億4000万円と推定されます。

これは、2022年3月期の取締役13名に対する報酬総額が2億4000万円だからです。

これでも8300万円も減額されているというので、驚きの高給取りです。

篠塚浩の年収

篠塚浩の年収

高給に見合うだけの働きをしてくれるのか、要注目ですね。

篠塚浩の嫁と子ども

篠塚浩さんは60歳なので、子どもどころか孫がいても不思議はありません。

もっとも篠塚社長の嫁と子どもに関する情報は公表されていません。

嫁と子どもはテレビ朝日とは無関係なので、ソッとしておくのが優しさだと思います。

篠塚浩の評判

偏向報道を改めない限り
信頼なんかされないと思うけどね。

だからこの社長では無理だと思う。

木曜ミステリーは復活の意向

木曜ミステリー

木曜ミステリー

篠塚社長は就任会見で、今年7月で終わる木曜ミステリーについて次のように述べています。

篠塚社長「名作シリーズも生まれた。タイムテーブルや状況を見て、総合的に判断しての終了。サスペンスなどは継続的にやりたい」

この発言を考えると、木曜ミステリーは終わるものの、時間帯を変えて放送されるようです。

つまり番組の再編です。

木曜ミステリーファンの方々には朗報ですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました