朝倉佳秀裁判長の学歴と経歴と年収は?嫁と子ども「東電訴訟13兆円」

朝倉佳秀裁判官の学歴と経歴と年収は?嫁と子ども「東電訴訟13兆円」 トレンド
朝倉佳秀裁判官の学歴と経歴と年収は?嫁と子ども「東電訴訟13兆円」

朝倉佳秀(あさくら よしひで)さんは裁判長です

朝倉裁判長は、東京電力福島第一原発事故の訴訟で、東電に計13兆3210億円を賠償する判決を下しました。

朝倉裁判長は今回の裁判で現地視察に赴くなど、エリート裁判官とは思えぬ行動派で賞賛されています。

今回はそんな朝倉佳秀裁判長の東電判決を分かりやすく解説してみました。

また朝倉裁判長についても調査した結果をご報告します。

スポンサーリンク

朝倉佳秀裁判長の「東電訴訟13兆円」判決を分かりやすく解説

朝倉佳秀裁判長の「東電訴訟13兆円」判決を分かりやすく解説

朝倉佳秀裁判長の「東電訴訟13兆円」判決を分かりやすく解説

引用:NHK

東京電力福島第一原発事故をめぐり、東電の株主達が起こした株主代表訴訟です。

この事故で株主達は多額の被害を被ったとして訴訟を起こしたのです。

裁判の相手は東電の旧経営陣5人です。

株主達は22兆円もの賠償金を求めました。

東京電力の株主達が起こした訴訟は勝訴!

東京電力の株主達が起こした訴訟は勝訴!

引用:NHK

この裁判を担当しのが、東京地方裁判所の朝倉佳秀裁判長だったのです。

朝倉裁判長は次の4名に13兆3210億円の賠償を命じる判決を行いました。

  1. 勝俣恒久元会長
  2. 清水正孝元社長
  3. 武黒一郎元副社長
  4. 武藤栄元副社長

なお賠償金13兆円は史上最高額です。

4人で割ると、1人が3兆250億円になります。

実際問題、払えないでしょうね。

朝倉佳秀裁判長の学歴

朝倉裁判長の学歴は早稲田大学卒業です。

早稲田大学には法曹界の名門である稲門法曹会という集まりがあります。

朝倉裁判長もこの稲門法曹会の一員のようですね。

朝倉佳秀裁判長の経歴

朝倉佳秀裁判長の経歴

朝倉佳秀裁判長の経歴

引用:朝日デジタル

朝倉裁判長は、昭和43年4月7日生まれの54歳です。

1993年に判事補任官としてキャリアをスタートさせました。

民事裁判の経験が長い方です。

華々しい経歴には次のようなものがあります。

  • 内閣官房内閣審議官として裁判のIT化に尽力
  • 在ストラスブール日本国総領事館領事に勤務
  • 事務総局の人事局給与課長を経験

また、朝倉裁判長の経歴一覧を年表でまとめてみました。

スポンサーリンク
朝倉佳秀裁判長の経歴の一覧年表

朝倉佳秀裁判長の経歴の一覧年表

引用:https://yamanaka-bengoshi.jp/2020/07/25/asakura45/

裁判官としての経歴が出世に響くと思っていました。

しかし調査すると、事務方の給与課長の経歴が出世に影響するようです。

裁判官のキャリアはやや分かりにくいぶん、深いといえます。

朝倉佳秀裁判長の年収は?

朝倉佳秀裁判長の年収は、500万円~2,000万円です。

これは裁判官の平均年収が500万円~2,000万円だからです。

朝倉佳秀裁判長の年収

朝倉佳秀裁判長の年収

朝倉佳秀裁判長の嫁と子ども

朝倉裁判長の嫁と子どもは公表されていません。

これは当たり前で、裁判長は時に恨みを買います(特に刑事事件で)。

家族が被害に合わないための措置として、家族に関する情報は伏せられています。

朝倉佳秀裁判長の評判

朝倉佳秀はエリート裁判官!

名言!「最後までしっかり聞いてください」!

朝倉佳秀は救世主だ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました