橋下徹は上海電力から利益許与を受けていたのか?中国企業による日本侵略

橋元徹上海電力 トレンド
橋元徹上海電力

大阪市前市長である橋元徹さんに、中国の国有企業である「上海電力」からの利益供与(りえききょうよ)疑惑が浮上しています。

利益供与は簡単に言うと、ワイロのことです。

市長時代に中国の企業から利益供与を受けていたすれば、違法でありモラルを大きく逸脱しています。

それだけではなく、中国の日本侵略が本格化してきたことへの懸念もあります。

そこで今回は難しい橋本徹さんと上海電力の関係や専門用語について、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

橋下徹は上海電力から利益許与を受けていたのか?

結論から先に言うと、現時点で橋本徹さんが上海電力からワイロをもらったという報道はありません。

ではなぜ、この問題が大きく取り扱われているのでしょうか?

ツイッターでの告発

橋元徹(52)さんは、ツイッターやテレビ番組などで積極的に発言しています。

そんな橋下さんのツイッターのリプライ欄に、ある単語が連投されているのです。

それが「上海電力」という企業名だったのです。

山口敬之による告発

そもそもの始まりは、ジャーナリストの山口敬之氏による告発でした。

山口さんは「【橋下徹研究(3)】上海電力、深まる謎 橋下徹の説明責任|山口敬之【永田町インサイド WEB第3回】」という記事を発表したのです。

のどかな日本の山々に増えつつある「メガソーラー(大規模太陽光発電)」。

橋下さんが市長だった2013年も、メガソーラーの設置計画が大阪市に持ち上がりました。

場所は、大阪市住之江区にある人工島「咲洲(さきしま)」。

設置事業は一般入札で日本企業が受注したものの、2014年4月に「上海電力日本株式会社」が出資の形で事業に参入したのです。

仮に電力が止まるなどした場合、周辺地域のみならず、日本全体にも影響を及ぼしかねない電力事業。

そんな重要なインフラに、中国の国有系企業である「上海電力」が参入したことについて、大阪市長だった橋下氏がきちんと説明していないとして、山口氏は同記事で強く批判しました。

同時に山口氏は「橋下徹への公開質問状」と題したユーチューブ動画を公開。


これを受け、ツイッター上では橋下氏への大批判が起きたのです。

事実だとすれば、日本の国益を損なう大失態です。

日本国民として、憤りを隠せません。

上海電力の侵略

上海電力は、咲洲メガソーラーを皮切りに、兵庫県三田市、茨城県つくば市などで発電事業を拡大しています。

山口県岩国市では、岩国基地のそばにあるメガソーラーを買収したことから、安全保障に関わる問題だとして騒ぎになっているのです。

「入札だ」は言い訳になるのか?

こうした背景のなか、山口氏の記事に強く賛同した北村晴男弁護士が、橋下氏のインターネット番組『NewsBAR橋下』(ABEMA)に出演したことで、大きな注目が集まりました。


ABEMAの公式サイトはこちらから

同番組では、終盤で北村弁護士から “中国擁護” だと批判されたことを受けて、

「『上海電力』の話とかをまた言っているんでしょ? だって、あれは入札だから」

と、橋下さんは切り返しています。

橋下さんは、「WTOルール」によって特定の企業を入札から排除できず、きちんと手続きに沿っておこなわれたと主張しました。

すると北村弁護士は、

「きちんと説明したほうがいいよ」

スポンサーリンク

「これは気をつけたほうがいいですよ」

と、強い口調で応酬。

ほぼ口論状態のまま、番組は終わっています。

弁護士同士の口論は迫力があり、私は見ていて鳥肌が立ちました。

入札は汚職の温床

橋下さんは「入札だから」と説明していますが、その入札自体、汚職のオンパレードです。

近年の大阪だけでも、以下のような汚職が存在するのです。

2014年:国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)が発注した情報ネットワークシステム運用業務の入札
2019年:ごみ焼却施設の建設工事を巡る入札
2019年:大阪市による電気工事入札における談合

中国の日本侵略がヤバ過ぎる

橋下さんは「上海電力は入札だから」と軽く言いますが、中国のチャイナタウン構想などをご存知なのでしょうか?

「日本の土地を中国人が買いあさっている」静かなる侵略

中国人や企業による、日本の土地買い占めは10年前から問題になっています。

特に北海道と京都、軽井沢がひどく、中国に買われたまま放置され、荒廃していくエリアまであります。

最も問題なのは、中国人民解放軍の基地と化している点です。

日本の土地は人民解放軍の基地

2010年2月、中国で「国防動員法」なる法律ができました。

国防動員法:中国国内で戦争や武力衝突が起きた場合、金融機関や交通輸送手段、港湾施設、報道やインターネット、医療機関、建設、貿易、食糧など、民間資源をすべて政府の管理下に置く

日本は、栄えていない観光地や老朽化したビルを中国に押さえられています。

これらは中国政府が緊急事態と言った瞬間、「国防動員法」により、人民解放軍の兵舎や移住先に変わってしまうのです。

これを中国の「静かなる侵略」と呼びます。

この事件は「佐々木類」先生の「日本が消える日──ここまで進んだ中国の日本侵略」が非常に分かりやすく教えてくれます。

 

行列ができる橋本徹のスキャンダル

橋元さんは早稲田大学を卒業し、司法試験に合格した立派な方です。

その一方、スキャンダルの「総合商社」としての一面も持っています。

これから説明するスキャンダルが原因で、「上海電力の件は入札だから」と言われても、「後で何か出てくるでのは?」と勘ぐってしまうのです。

父は暴力団

週刊新潮は「橋下さんの父は暴力団。伯父も暴力団」と特ダネを報じました。

すると橋下さんは、名誉を棄損されたとして、裁判を起こしました。

裁判長「父親が暴力団だと市長失格」

この裁判で、最高裁第1小法廷の木沢克之裁判長は、橋下氏の上告を退けました。

橋下さん敗訴の2審判決が確定したのです。

1審の大阪地裁判決は、記事の内容を真実と認め、実父が組員だったことは人格形成に影響しうる事実で、公共の利害に関わると指摘しました。

この結果、橋下さんの請求は棄却されました。

また、2審の大阪高裁も1審の判決を支持しています。

CAとコスプレ不倫

橋元さんは市長時代の2012年7月、不倫スキャンダルが暴露されました。

橋下さんは、1995年10月に高校の同級生と結婚し、7児をもうけた「ビッグダディ」です。

ところが。

第6子を授かった06年から07年にかけて、橋下は外でハッスルし過ぎだったのです。

大阪知事選出馬の半年ほど前まで、橋下さんと不倫関係にあった元ホステスが赤裸々に不倫をカミングアウト。

当時、妊娠中だった妻を置き、女優・松下奈緒似の女性と肉体関係を持ってしまいました。

橋下さんは、行きつけのラブホテルで、CAやOLのコスプレをさせては喜んでいたのです。

嫁は妊娠中

また信じがたいことに、橋下さんが不倫を行っていた期間は第6子が誕生し、さらには第7子を授かっていたのです。

要は、夫婦仲を存続しながら、外で羽目を外しまくっていました。

報道を受けた橋下さんは、緊急会見を開き、

「全部間違っているわけじゃないが、全部事実でもない」

としつつも、内容をおおむね認めました。

また、橋下さんは会見で、

「娘に制服を着ろと言えなくなった」

「家でものすごいペナルティーが待ってますよ。妻と大変な状況です」

などと汗を浮かべながら弁明しました。

妊娠していた奥様やお子さんの気持ちを考えると、本当にやり切れませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました