毒親とは「毒親エピソード」毒親による不登校#令和サバイブ

児童福祉

「親のくせに子供の人生を支配してんじゃない! 親のあなた自身が子供にとって害悪だ!」

1989年、南カリフォルニアにて「コンサルタント」と「カウンセリング」をバリバリ行っていた「スーザン・フォワード」さんが吠えました。
しかも本まで書いて、これがベストセラーにもなりました。

※アメリカの「カウンセリング」は「日本の歯医者」より数が多いため、身近な存在と言われています。

時は進み場所は変わって、2000年代の日本。

フォワードさんが提唱した「毒にしかならない親め!」という言葉は「毒親」という短縮ワードに変わりました。

この「毒親」という言葉ですが、SNSで掃いて捨てるほどあるトレンド用語かと思いきや、実は被害に合われた方々が数多くおられます。

この記事をご覧になれば「そもそも毒親って何?」という疑問が解消します。
さらに自分の親が「毒親なのかどうか」を測ることができます。

後半は毒親の「トレンド」をご紹介しながら、脱「毒親」の具体的な方法を紹介します。

毒親とは

子供にとって、その存在が「毒」でしか無い親のことです。
毒親のタイプは、4つに分かれます。

過干渉、統制型

「車道に出ちゃ駄目よ!」

誰もが、親に1度は言われたことがあります。
私も4歳の娘と2歳の息子と出かけた時は、 同じセリフを吐いています。

子供が小学校低学年ぐらいまでなら、よく見る光景で、何の問題もありません。

では高校生になっても、成人式を終えても「車道に出ちゃ駄目よ!」と歩道で手を引っ張る親は、マトモだと思いますか?

私の両親は私が交通事故に遭わないように、お守りを買ってくれましたが、その程度です。

高校生以上になっても、車に轢かれないようにと我が子の手を引っ張ったり、怒鳴ったりする親がいます。
そんな親は、 実は子供が交通事故に遭うか遭わないかは、どうでもいいのです。
「親バカ」なんて生温いものでもありません。

「過干渉、統制型」の親は子どもを常に非力な状態に置き、支配するのが目的です。

・自己肯定感が弱過ぎる、ひねくれ者
・承認欲求が強いくせに何もできない、行動する気がない
・無力で社会から奴隷扱いされているので、我が子を奴隷扱いして鬱憤を晴らしてやろう

クズ要素満載ですが「過干渉・統制型」タイプの毒親が最も多いのが現状です。

このタイプの毒親は、こう言います。

「なんで親の言うことが聞けないの!」
「あなたのためを思って言ってあげているの!」

それでも子どもが言うことを聞かないと、こう言います。

「もういい! 死んでやる!」

クズっぷり、ここに極まれり。

ネグレクト

児童虐待でおなじみ「養育を放棄する」⇒ネグレクト。
毒親のネグレクトは半端ありません。
育児をサボるどころか、 生活そのものをサボります。

その結果、自宅は打率10割で「ゴミ屋敷」と化します。

この環境で「子どもよ健やかに育て」というのは無理ゲーです。

暴力

児童虐待の「身体的虐待」に該当します。
わがままな理由で、とにかく子供を殴ります。

「早くSEXしたいから寝ろ!」と殴ります。

児童相談所が、直ちに一時保護すべき事案です。

病気の親

精神に疾患を抱えていても、子育てを頑張っている方々はいます。

一方、残念な方もいます。

精神疾患があっても、生活保護を受給して生活を安定させていれば、何の問題もありません。
残念な親は、生活保護の申請すらせず、労働も長続きしません。
結果、子供は貧困のどん底に叩き落とされます。

中学生の時点で、年齢を偽ってアルバイトをするしかありません。

さらにこのタイプの毒親は、男性を取っ替え引っ替えします。
結果「本当の父親が誰か分からない」という地獄が待っています。

毒親診断で分かる毒親の特徴

毒親の厄介な点は2つあります。

① 根本的な原因が「障害」や「病気」ではなく「性格」なので、治療ができない
② 「毒親育て方」がスタンダードとなり、被害者の子供が親になったとき、子供に同じことをしてしまう⇒負の連鎖

毒親から身を守るために、また自分が毒親にならないために「毒親診断」を行いましょう。

  1. 親から暴言・暴力を振るわれた事がある
  2. 親から八つ当たりされたことがある
  3. 親に意地悪された!と感じたことがある
  4. 少し言うことを聞かなかっただけで、親から激しく怒られたことがある
  5. 親に「ダメな子」と散々言われる
  6. 「生まなければ良かった」と言われた
  7. 挑戦に対して、とにかく否定する⇒子「サッカーをする!」⇐親「上手くいくわけない!」
  8. マイペースで過ごしていたら、突然、親が不機嫌になる
  9. 趣味やスポーツを頑張り出すと「下手くそ!」「やめろ!」と強く否定される
  10. 失恋や入試、就活が上手くいかず落ち込んでいると「情けない!」と強く否定される

この診断で分かる毒親の特徴は、3つあります。

①子供の気持ちを分かろうとしない
②子供に対して否定的
③隙あらば子供を暴言・暴力で攻撃する

この診断に該当したとしても「自分は毒親だ!」とパニックになる必要はありません。

救いようがない「毒親」は、そもそも診断をしません。
自分の言動は全て正しいと信じて疑わないからです。

診断を受けている時点で、カウンセリングなどの手段で巻き返せる可能性は高いです。

まずは、最寄りの精神科医に相談してみましょう。

「何か精神科を受診するのは恥ずかしい……誰かにバレたら嫌だな」
という声が聞こえてきます。

精神科の敷居を、自分で勝手にあげるのはやめましょう。
私は施設の夜勤で眠れなくなった時、気軽に精神科医に相談して睡眠薬を処方してもらいました。
おかげで、夜ぐっすり眠ることができます。

見栄を張らずに、自分の人生にとって本当の「得」を掴みに行くべきです。

毒親エピソード

毒親のエピソードは書籍で販売され、インターネットにたくさん転がっています。
その中で生々しく特徴的なエピソードを見ていきましょう。

スポンサーリンク

恋人ができた⇒親に殴られた

親に「恋人ができた」と報告する人は、あまりいないかもしれません。
とはいえ、子供に対する親の観察眼はズバ抜けています。
特に毒親は、子供を攻撃したいので観察というより監視しています。

恋人ができた A さんは、母親に平手打ちを食らいました。

「この裏切り者!」
「親が大事なら恋人なんか作らないはずだ!」

理解不能な怒声とともに、 母親はヒステリックになっています。

この毒親の暴力がまずい点は、 平手打ちされた子供が「私が悪いのかな?」と思い込んでしまうことです。

毒親の暴力に、合理的な理由などあるはずがありません。
我が子への嫉妬、と読み取れます。

何より「我が子を服従させたい」「コントロールしたい」と下衆な欲望が透けて見えます。

お化粧をした⇒親が怒鳴る

年頃になれば、お化粧の1つや2つぐらい、したくなるのが人情です。
そのお化粧がたまたまうまくいっただけで、毒親は怒鳴ります。

「あんたなんかに化粧は似合わない!」

我が子を否定して、何か得るものがあるのでしょうか?

親戚の集まりで「最近、綺麗になったね」と褒められても毒親が邪魔をします。

「それは化粧のせいだから!」

そこまでして我が子を貶めて支配することに、一体何の価値があるのでしょう?

親が働かないせいで貧乏なのに子供を殴る

無職で生活保護も受けていないのであれば、 貧乏になって当然です。
それは親の怠慢なのですが、 それを棚に上げて、我が子の責任にします。
進学はもちろん、許されません。

「世間体が悪い」という理由で、アルバイトもさせてもらえません。
「貧乏に見える」という理由で、アルバイトもさせてもらいません。

義務教育に必要な文房具代でさえ「金が無い! 文句があるなら出て行け!」と怒鳴り散らします。

出ていきましょう。

児童相談所に相談すれば、児童養護施設に入所できます。

愚かな毒親に付き合って、人生を消費する必要はありません。

毒親の介護

「毒親を介護するなんて、気が知れない」

そうは言っても、毒親の元で育つと「家族が一番大切」と刷り込まれてしまいます。
その「刷り込み」が無かったところで「老いた親」との対峙は避けて通れません。

親が死んだら死んだで、 葬式や相続が待っています。

介護が必要になったからといって、毒親の元へ戻るのは悪手です。
思い切って「家族代行業」を利用するのも1つの手段です。

普通に介護保険を利用しても、ケアマネージャーから山のように電話かかってきます。

一般社団法人LMN(Life・Medical・Nursing)では、高齢者が介護施設に入所する際、第一連絡人になってくれます。

こうした「家族代行業」を利用して、「家族じまい」を行うのが最善手です。

DVと同じで、ダラダラ人間関係を続けても、 体と心が消耗するだけです。
さっさと「家族」という社会的鎖を断ち切った方が、自分らしい人生を送れます。

毒親による不登校を許さない#令和サバイブ「自立できる資格を取る」

「親」といえど、他人です。
私がお勧めするのは、何の役にも立たない民間資格ではなく、生活費を稼ぐことができる資格をとって就職することです。

この資格を取るためには、義務教育を終えて通信でもいいので、高校を卒業しておいた方がいいです。

そもそも憲法で認められた義務教育を、親が阻める道理はありません。

児童相談所へ相談するのが1番です。
しかし親の目が怖ければ、無料で不登校が相談できて、不登校を3週間で解決する逸高等学院の利用を検討しましょう。
不登校を最速で解決したい方はこちらへ

逸高等学院などのサービスを利用して、高校を卒業できたら、一生モノの国家資格を取りましょう。

その資格は私も取得を目指している「電気工事士」です。
全く人手が足りておらず、AIの発達や宇宙技術の国際間競争が激しさを増す現代において「電気」の需要は高まるばかりです。



毒親から避難するにあたって、生活の基盤作りは必須です。
ポート株式会社では就職エージェントと相談しながら就職と転職先を決められるうえ、早ければ1週間で内定をもらえるので、日本全国へ避難できます。
既卒・第二新卒の方はキャリアパーク就職エージェント

無料登録して、しばらく求人状況を見てみるのもお薦めです。
初めての転職は転職ナビ

毒親は変えられないかもしれませんが、あなた自身は変えられます。
一人で抱えることなくカウンセリング=最寄りの精神科医を受診しましょう。
【家族じまい】「家族と縁を切りたい‥」コロナ禍で増加?長年疎遠だった父親の介護問題に悩む女性のホンネ【毒親】【家族観】|#アベプラ《アベマで放送中》
【毒親】「親の愛情だと思ってた」子ども側が明かした家庭内の闇とは?親子共に加害・被害性の認識がない現実“毒親“生まれる背景に教育観の押し付けも?【しつけ】【ネグレクト】|#アベプラ
ABEMAの公式サイトはこちらから

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました