待機児童はなぜ増えている?待機児童対策で転職した保育士がセレブに!

待機児童 児童福祉

「少子化が進んでいるのに、待機児童って何で!?」

「幼保一元化」・・要するに保育園と幼稚園が無償化(無料)になって「うちの子を入れなきゃ損や!」と親御さんが突っ走ってるという経緯はあります。

我が家もそうなので、人のことは言えません。

ただこの待機児童の問題って、根が深いんです。

他人事ではない「待機児童ツアー」にお連れします。

最後までご覧になると「保育士になって素敵な恋して結婚しよ♪」という特典がついています。

スポンサーリンク

待機児童はなぜ増えている?

待機児童がなぜ問題か?を語るのに必要なのが「合計特殊出生率」です。

合計特殊出生率とは?「日本オワコン」

1年間に女性が子どもを産む確率を「合計特殊出生率」と呼びます。
この合計特殊出生率が低いと「少子化だね」と判定されます。
では合計特殊出生率の推移をチラッと見て見ましょう。

1947年 4.0(第一次ベビーブーム)
1989年 1.57( 1.57ショック)

40年間で、半分以下です。

2003年には1.3を下回りました。
国、大ショックです。

2020年 1.34

日本が生き残るために必要な合計特殊出生率は「2.07」です。
端数の0.7なんて割り切れないので、1人のお母さんが3人産むのを目標にしないといけません。

お母さんが3人産むの躊躇するのは、幾つか理由があります。

①経済的問題(養育費)
②晩婚化で3人産む体力がない
③保育園に預けられないので働けない

保育園の整備⇒安心して預けられる⇒子ども産んでも働ける

なので、少子化対策のためにも待機児童の解決は待ったなしです。

待機児童『保育園落ちた日本死ね』から始まった

保育園に入園できなかった母親がブログで「保育園落ちた日本死ね」と記事を書きました。

この記事への反響は凄まじく、溜まったマグマが噴火したかのような騒ぎとなり、母親達が国会前でデモを繰り広げました。

「待機児童を解消してよ!」という署名は2万名を越え、当時の「塩崎恭久」厚生労働相が対応する事態に。

「保育園落ちた日本死ね」ブログ公開から1か月半後、政府は『待機児童解消に向けて緊急的に対応する施策について』を発表。

さらにその1ヶ月後には「ニッポン一億総活躍プラン」という、新手の生命保険みたいな施策を発表。

で、待機児童は減ったのか?

減るわけないんです、抜本的な解決になっていないので。

待機児童は「母親も働かないと家計が回らない」が原因で、働くママさん達が入園を希望しています。

女性の社会進出は当たり前ですが、環境作りが追い付いていない――それが顕在化(見える化)したのが「待機児童」なのです。

待機児童の推移

具体的に、待機児童の数は減ってるんだか、増えてるんだか?

1995年:28,481人
1997年:40,523人
2002年:39,881人

さてここから、数値が異常に変化します。

2003年:26,383人
2007年:17,926人
2017年:26081人
2018年:19,895人

「待機児童減ったー! ハッピー!」

違います。

行政の切り札「困ったらカウントの取り方を変えよう」作戦が始動したのです。

待機児童の対策「政府が嘘をつき始めまして」

政治家の皆様は、こう考えました。

「待機児童を減らしたい、でも有権者は年寄りが多い」

日本の施策は完全に年寄りを向いているので、児童福祉に予算が回ってきづらいです。

しかし待機児童が増え続けると、また「日本死ね」とブログで書かれかねない。

そこで「待機児童の数え方を変えよう!」と安易な作戦に走りました。

具体的に以下の状態を待機児童から外しました。

①2001年:認可外保育施設を利用した場合は数えない
②2015年:認可対象の施設を小規模保育へ拡大
③2018年:企業主導型保育所を利用した場合も除外

※認可外保育:自治体が認可していない、ルールがゆるゆるの施設。事故が多発した。

3本の矢を射ってなお、2万人が待機児童です。

福井県は待機児童0を継続していますが「数字のマジックがある」と保育担当者に聞いたことがあります。

「まず第1希望の保育園には入れない。そこで第3希望までママに記入させて、それでもダメなら空いている保育園に押し込む。後はまあ、数字をイジれば・・」

と伏し目がちに話しておりました。

そもそも「ママが子どもを保育園に入園させられず、仕事をあきらめたら数えない」という時点で待機児童の数なんて1ミリも信用できません。

待機児童の対策はたった1つ

待機児童を減らすには「保育所を建てて保育士を雇いまくる」しかありません。

また、私達も保育園建設にブーブ言うのを辞めましょう。

せっかく保育園の建設が決まったのに、

「子どもが騒ぐとウルサイ!」

「送迎の車で交通事故が起きたらどうするの!?」

と苦情が来て計画が頓挫しています。

政治だけが原因ではなく、国民の無知も待機児童の原因です。

「いつか来た道、赤ん坊。いつか行く道、高齢者」です。

新子育て安心プランとは「日本は反撃する」保育士は食うに困らない

とはいえ、日本はそう簡単に沈みません。

待機児童解消加速化プランで50万人任せろ!

平成25年から平成30年まで「50万人の保育園を整備する!」と目標を掲げ、実行しました。

結果、53万5千人の整備を終えています。

子育て安心プランで30万人任せろ!

平成30年度から令和3年度まで「30万人の保育園を整備する!」目標を掲げ、実行中です。

令和元年度末時点ですでに20万人以上の整備を終えています。

新子育て安心プランで14万人を任せろ!

それでも日本は貧乏なので、夫婦共働きしないとやっていけない――これが標準です。

女性の社会進出はどんどん進んでいます。

なので国は令和3年度~令和6年度「新子育て安心プラン」で14万人の保育園を整備する計画を発表しています。

ということは、保育士になれば食いぱっぐれはありません。

食いぱっぐれのない保育士で高級取りになって素敵な婚活を

厚生労働省の調査によると令和3年7月の保育士の有効求人倍率は2.29倍です。

全職種の平均が1.11倍なので、とんでもない求人率です。

保育士の資格を取っておけば、食いっぱぐれはありません。
ユーキャンの保育士講座

保育士の給料は安い!?

保育士の平均給与は約314万円です。

月給26万円、時給に換算すると1,000円ありません。

なぜ引く手数多の保育士の”平均”給与が低いかといえば、転職しないからです。

保育士の資格を取ったら、条件のいい保育園へ転職します。
これで保育士個人も「保育士」という資格のブランドも上がります。

最大4.8万円の継続お祝い金がもらえる「ジョブメディカ」に無料で登録して、様子を見ましょう。



経験豊富なキャリアアドバイザーが求人提案や年収交渉などを行ってくれます。

園長や主任保育士、保護者が怖くて退職できないのであれば「退職代行」サービスでサクッと退職します。

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能にした「ガーディアン」を任せましょう。



世界初で唯一の退職代行のサブスクリプション(定額制サービス)もあります。

転職して高給取りになった保育士に待っているのは

男女ともに、保育士は恋活と婚活で無敵です。

ただし職場で出会いは無いので、24時間「有人監視体制」で悪質会員と不良会員を排除している「マリッシュ」に登録しましょう。



「マリッシュ」は老舗なので、その辺の怪しい出会い系で騙されることはありません。

可愛い子ども達に「先生」と呼ばれる職場で遣り甲斐のある仕事をして、素敵な恋をしましょう。
(うるさい保護者はスルーして)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました